涼やかな音、風鈴

ちりりんと鳴る高い音に涼を感じること、よくよく思えば不思議ではありませんか?日本人としての感性は、日本の風土や歴史の中で形作られたものだから、私達は当たり前に思っていてることが、案外独特な感性だったりいたします。

 

江古田の辺りは、戸建てが多く、庭木の枝に風鈴を下げて暑い季節を過ごすというお客様もいらっしゃいます。屋外に音の鳴るものがあると、近隣とのトラブルの元と言われますが、昔から住んでいる者同士の土地では、「今年も始めたのね」と会話のきっかけになるそうです。

 

そう言われてから、小竹図書館へ行く途中に通る住宅街で、時折ちりんと聞こえると、この辺りのご近所さんは、仲が良いのだろうなと想像するようになりました。

 

涼音、ちりりん、楽しんで下さいませ。


●般若鋳造所の風鈴

本日ご紹介の風鈴は、富山は高岡の鋳物メーカー、般若鋳造所作。主にお茶道具など風流なお品を作っている鋳造所。

 

鋳物といえば岩手・南部鉄器が有名ですが、富山・高岡は様々な金属の鋳物加工が得意な産地。素材が異なれば扱い方も異なりますから、高岡の鋳物は、南部とはまたひと味違います。

 

余談ですが、般若鋳造所は「吹分(ふきわけ)」という技法を継承しております。

 

吹分技法をざっくり説明すると、異なる金属を別々に溶かし、ひとつの鋳型に流し込みます。それぞれの素材のタイミングで冷えて固まる時に、混ざり合う境界の辺りで微妙な模様が浮かび上がるという技法。

 

実は、普段の生活の場では、見たことが無い技法かと思います。

 

日本の工芸は、こんな事が出来たらいいなと、様々な試行錯誤を積み重ねて発展してきた職人の世界。発想の豊かさを、作ることに落とし込むことの大変さを思うと、勝手に感動してしまいます。

 

そして、伝承や継承はバトンリレー。

誰もが出来るなら、そこら中で作られて見飽きているはずですから、般若鋳造所の技術の高さの現れかと思います。

 

鉄、軽銀(アルミ)、真鍮の3つの素材で作られた風鈴は、それぞれ音が異なります。店頭では並べて陳列しているので、エアコンの風でそれぞれが鳴ると、まるでヒーリング音楽のよう。和みます。

 

鉄よりも高くて軽い音が軽銀(アルミ)

真鍮は鉄よりも耳に落ち着いて聞こえる音。

出来れば、3つ並べて音を楽しんで欲しいような風鈴です。 

般若鋳造所の風鈴~アルミ

アルミは軽銀とも言うそうです。見た目が銀に似ていて、比重が鉄の3分の1という軽さが由来とか。軽いだけあって、音も澄んで高い鳴りです。

サイズ:約Φ50XH75mm

¥2,592

  • お届け日数:1~3日1

般若鋳造所の風鈴~真鍮

真鍮は銅と亜鉛の合金。五円玉は真鍮。身近な金属。

サイズ:約Φ50XH75mm

¥3,564

  • お届け日数:1~3日1

般若鋳造所の風鈴~鉄

地球は鉄の星。そして私達生き物の祖先は鉄を求めて海から陸へと進化したとも言われます。私達の命に必要な鉄。とても身近な金属。

サイズ:約Φ50XH75mm

¥3,024

  • お届け日数:1~3日1

●南部鉄の風鈴

色付き

サイズ:約Φ53XH49mm

¥1,944

  • お届け日数:1~3日1

南部鉄の風鈴

サイズ:約Φ50XH47mm

¥1,944

  • お届け日数:1~3日1

●ガラスの風鈴

ガラスの風鈴

∮60✕高さ80mm

¥1,080

  • 在庫あります
  • お届け日数:1~3日1

江古田のたぬき

ガラス風鈴です。いわゆる、江戸風鈴。
∮75✕高さ70mm

江古田には、昔からたぬきが住んでいるそうで、今でも西武池袋線の線路沿いで見かけたなど目撃情報多数。一応、東京23区なのですが、たぬきが住めるような緑の多いのんびりした街なんですよ。

¥2,808

  • 在庫あります
  • お届け日数:1~3日1