お椀 商品一覧と作り手紹介

環で取り扱っているお椀の作り手は3者。

それぞれの商品一覧と来歴をご参照下さいませ。


【津軽塗】塗師・木村正人のお椀

Tsugaru Urushi Spirit合同会社

木村漆工房/木村正人

 
略歴の類は木村さんのHP参照で

(アラフィフの履歴は、ありすぎてお腹いっぱいです…笑)

「幼稚園ぐらいの時から大人になったら津軽塗をやるって決めてたのさ」という木村さん。塗師屋の五代目。

 

偶然目にした商品がきっかけで、弘前へ会いに行った当時の私は、とても直感力が冴えていたのでしょう。その時に、弘前市立博物館で目にした木村さんの作品がまた素晴らしく、静謐な空気を漂わせた紋紗塗でした。

息を詰めて眺め倒し、絶対に木村さんに塗ってもらうと意気込んで会いに行き、今に至ります。

 

木村さんは、社寺の建屋のような大きなものから、器のサイズまで何でも塗ります。出来ないと言わないし、やる技術と、どうすれば出来るか考える方。会って話すと穏やかなのですが、芯が強くて温かく、かなり頑固な津軽人(笑)それが、塗膜の美しさや丈夫さに全部現れていると、店主は感じております。


【安心安全な木の器】TOMATO畑のお椀

TOMATO畑のご紹介を簡単に。こちらは中国製の器です。作っているのは日本人+中国人。家庭的な絆で結ばれた、家族経営のような工場。店主に言わせると、下手な日本製より安心安全な中国製品。

 

日本では、漆は98%輸入しております。
輸入される漆は、現地で精製されたり、溶剤を付加したり、素のままで輸入されることはございません。


なぜなら、日本に輸入され蓋を開けた時までに使い易い状態を保つためであり、やむを得ない部分もあります。しかしながら、国や工場によっては、付加する溶剤や油分も変わるし、品質を厳密に担保することが出来ないのも事実。その為に、日本では輸入時の検査もしておりますが、添加された溶剤や油分を取り去ることはできません。


いまの日本では、純粋な意味で、薬剤を使わない漆製品は作れないと感じた田中社長が、目をつけたのが中国の原生林。中国政府とかけあい、自生している樹のうち、間伐材処理で切り倒されるものを使用し、漆を自分達で調達~精製し、「安心で安全な木の器」を地道に真面目に作っているメーカー。


店主は田中社長の息子さんから、会社について、モノづくりについて、長い長い話をじっくり伺って、涙を流すほど感動しました。こんな会社があるとは!その感動のまま、環のお客様も使って感じてTOMATO畑の器のファンになる方が増えております。

使う人、家族の健康を思い、作られている木の器です。

※詳しくは【TOMATO畑のHP】をご参照下さい


【女性若手蒔絵師】山口朋子のお椀

1982年 練馬区生まれ

2001年 鶴見大学文学部文化財学科に入学

     中尊寺金色堂の修復を手がける中里壽克教授に師事

2005年 会津漆器技術後継者訓練校(蒔絵専攻)に入学

2007年 御蒔絵やまうち に弟子入り

2010年 独立



 店主、朋子さんのお師匠さんの蒔絵師・山内泰次さんの蒔絵が好きで、会津まで見学に出掛けた時のこと、山内さんから朋子さんのことを聞いておりました。その後、別な方面で知り合った方からも、ぜひ会ってみて下さいと勧められ、心に留めていた方です。

 店主は「ねりまクラフトーク」という文化活動グループに参加しておりまして、練馬に関わりのある若手の工芸やクラフトの作り手をゲストに、トークイベントや交流会を開催しております。

 その活動の初回ゲストになっていただき、彼女の自然な飾らない人柄や、真面目で丁寧な仕事を知ってファンになり、お店でも商品を並べることになりました。


【金継ぎ職人】こまやの拭き漆+螺鈿の器


※お店でも販売しているので、タイミングが悪いと在庫がなくなる場合があります。

 注文前の在庫確認は、お気軽にどうぞ。

クロネコwebコレクト クレジットカード払い