環便り(ブログ)

家に人を入れたくない!

先日の積雪で、アパートの屋外水道が凍り、洗濯機が使えないのでコインランドリーのお世話になっておりました。

中々気温が上がらず、氷も溶けないようで水が出ない日が続き、そろそろいいかなと洗濯機に水を注水してみたところ、蛇口とホースの接合部分から水が漏れて噴水化。

どうやら、凍りついた時に蛇口に亀裂が入り、そこから水が漏れている模様。滅多に無い出来事に遭遇し、頭の中が真っ白です。

不動産屋に電話をして、すぐ来てくれと頼めば済む話。だけれど、家の中があまり整頓出来ていなかったもので、これを修理の方に見られたくないな~と思い、躊躇してしまいました。

これが夜20時の頃合い。

夜だし、今日は疲れたし、お腹が減っているし、明日掃除をしてから電話しようと自分への言い訳が湧いて出るばかり。

そこから1週間グズグズして、コインランドリーのお世話になりながら「私と来たら、何をやっているんだろうか?」と馬鹿馬鹿しくなりました。

 

たった1回会うか会わないかの見知らぬ修理業者さんに恥ずかしさを感じて、暮らしやすさを犠牲にしているのが今の状態ではありませんか。

(その前に、掃除しろ、自分)
(いやいや、掃除したところで、乱雑な部屋なんだから諦めなさい)

 

それで、不動産屋の前を通った時に相談したところ、「実は業者が忙しくて、そのぐらいの仕事ではすぐに来てくれないから、あなた自分でやってみませんか?」とのこと。

気負って行ったのに、すぐに来てもらえないという新たな事実。
修理屋さんが「そのぐらいでは」動いてくれないというのはどういうことなのかしら?とちょっと嫌な気分になりました。一方で、「え、そのぐらいの事なの?簡単なの?」と気持ちが動きました。

このまま時間を経過するのは不便の上塗りだからと、やり方を聞いてDIYしてみることに。


教えてもらった部品を購入し、近所のお店の方に工具を借り、やってみたら本当に簡単に部品交換完了。

やってみたら納得の「そのぐらい」でした。

 

ピカピカの蛇口を見ながら、修理に来てもらう側は自分では出来ないからと思っているが、業者さんにすればこんな簡単なことで行ったり来たり時間は掛かる、作業時間は5分でも出張費用を請求した途端に、助かったけど高いと不満を言われるという場面が浮かんできました。やっぱり、人が嫌がるには何かしら理由があるものなのでしょうね。

そして、修理する側の立場で考えると、修理現場の作業環境が気になるだけで、家の中の生活感溢れる状態なんて気にならないはず。自分に置き換えてみても、相手に興味がなければ、その相手がどんな場所でどんな風に暮らしていても、どんな趣味だろうがどうでもいいなと思いますもの。それに、相手の方の方がたくさんの家庭から仕事を請け負ってきていれば、私ぐらいの乱雑さなんて見慣れているに違いないのです。


自分の自意識過剰さに、笑いが出てきました。あははは。

でも、こんな思考回路で、変な我慢をしている人は多い気がしますよ。

だから、我慢できる不便だからいいと自分を騙すことなかれ。
不便を解消して、心地よく生活した方がいいですよ。

ひとまず「いつも真面目に掃除しなさいよ」と、自分に言い聞かせております。

0 コメント

みんなの意識が変われば変わる

江古田駅北口にある3商店街合同でやっている活動があります。

その活動の新年会が今頃開催されまして、みんなの意見を聞く中に、某会長さんがわたくしと全く同じ考えを持っている事が分かりまして、「おお!同志発見!」とこっそり気分が大盛り上がりました。

 

昔々の商店街の存在意義は「百貨店に対抗するための個人商店の団結」「集合することでのスケールメリット」でも、今どきはそういうの、とっくに終わっていると思っています。

 

商店街の平役員をやる前は、中で何をやっているのか見えないこともあって、商店街って何が出来るんだろう?とか商店街の存在意義が知りたくて、一時、関連図書を乱読したことがあります。

 

まあ、あんまり役に立つ本は見つけられなかったのですが、「なぜ、横浜中華街に人が集まるのか/林兼正」が一番腹落ちする内容でした。良書なので、経済活動に興味ある方なら、万人読んでみて欲しい本です。

 

 

 

同じリアルな環境を目の前にしていたら、同じ答えにたどり着くことは不思議ではない。


でも、同じ情報を得ていても、同じ結論にたどり着かない場合もある。

 

同じ結論に至っても、行動を共に出来るかはまた別。

 

普通に、「別」はたくさん、山ほど存在するものです。その「別」をかき分けて、今一緒にいて、一緒に語らい、一緒に行動出来る誰かは、マジ大切、重要な仲間だなーと最近思います。

 

「出会いの奇跡」なんて屁みたいなもんだなと、最近のわたくしは思うのです。

 

出会ったその先に、個人の利害を調整して、一緒に○○する相手は、奇跡を越えた、稀少で貴重なつながり。

 

仮に私が言った言葉がきっかけだとして、それを自分なりに真実だと突き詰めたなら、某氏が発見した真実は、私には不可侵の領域です、某氏にとって超真実。

 

似たような考えにたどり着き、さてどうしようかと模索しているなら、一緒に手探りする価値は十分ある。いい企画を、一つでいいから、組み上げられたら、お互いとても気分いいだろうな~と思いました。

 

最近読んだ高橋洋一氏の著書「さらば財務省!」

とても楽しい本でした。

 

この中で、高橋洋一氏は小泉総理や、第一期安倍内閣で果たしたお役目について「コンテンツ・クリエイター」という用語を使っておりました。

カタカナ言葉はわたくしには馴染みませんから、自分なりに意訳すると、「目的に対する効果が見込める企画を立案するアイデアマン」

 

この、型にはめにくい、ある意味雑用係的な働きが、いろんな利害を「横断」出来たなら、大切なおおごとになる気がしております。何か抽象的ですが、年間キーワードとして「横断者」を意識した夜。

 

 

0 コメント

常連さんほど使われる

わたくしだけでは無いと思いますが、

ひとり個人商店のオーナーあるある。

 

顔馴染みのお客様がやってくると、

「ちょっとお店番お願い」と預けて席を外すこと。

 

滅多な人には頼みませんから、

間違いが起こったことはございません。


それにしても、席を外さざるを得ない状況とは?

と思われる方もいらっしゃるでしょう。


例えば、友達のカフェの場合。
近所へコーヒーの配達に出ようと思っていたら、

お馴染みさんがやって来た。
後でまた来てというぐらいなら、

中で待っていてもらう方がお互いのためになる、

というようなケース。

 

例えば、わたくしの場合。

や~ん、トイレ緊急事態ーー!という時に

お馴染みさんがやって来た、以下同文(笑

 

江古田のお客様達、

人間的に誠実で気さくな方が多くて、大らか傾向強め。

育ちが良くてのんびりしている傾向強め。

こちらも、つられて大らかになってしまう(笑

 

日本といえども、他の土地ではこうはいかないと、

海外暮らしをしたことがあるからこそ思いますよ。

 

一応東京23区の江古田、だけど50年前の日本のような

イメージの中の「優しい日本人がたくさんいる」みたいな街。

 

そのぐらい、江古田は素敵な土地。

 

巷では、常連さんほど大切にされると思われておりますが、

それはお客様側の「そうであって欲しいという願望」かなと思います。

 

実際は、常連さんほど、このようにこき使われるものです。
誓って、ぞんざいな扱いではなく、信頼の証。

 

いっぱい甘えさせてもらってます。大感謝。

 

 

 

 

 

0 コメント

テレビ出演「BSフジ カラダ研究所」

昨年、取材を受けたBSフジ「からだ研究所」5分番組

http://www.bsfuji.tv/karada/

 

本日1回目の放送があったようで、母から電話がありました。

 

中年女性なら、概ね共感できる内容で5分。

近日中に再放送もございますので、冷やかしにご覧くださいませ。

 

140回

2/4日 20:55

2/8木 21:55

2/11日 20:55

 

 

 

----------------------------

それにしても、めちゃくちゃニッカリ笑顔。

母が言うには、父が録画を再生して何度か見ていたそうで、動いている私を見てどう思ったことやら?

0 コメント

皆既月食満月

光が戻り始めました。

休店日の今日は、1年半振りにギフトショー。

昨年は江古田音楽祭で疲れ果てていたのも手伝って、あまり展示会を見て歩くことがなかったので、久し振りに人が集う場所へ出向きました。

 

初日のせいでしょうか、人が少なくて、歩きやすかったかも。

 

ギフトショーはそこに集まって来ている人々を見るのが参考になります。革新的に新しい商品ばかり並んでいる訳ではない分、それをどのように見せたり、説明しているのか、方法がお勉強になりますかね。

私はこういう外出時の移動時間に、思い浮かぶまま手帳にメモ書きをします。
ひとりブレスト。今日浮かんできた言葉の中に「外へ出向く」がありました。

収穫を期待せず、とにかく今いる場所から出てみる。

心が嫌がること、抵抗することの方へ進んでみる。

マンネリから抜け出すように意識しなさい、ということか?

 

寒いし、風邪で体力落ちているし、出かけずにじっと休んでいたい、という心に抵抗して出かけてみて、案外大丈夫だったなと気がついて、変に自分を甘やかすこと無く、明日からまた頑張ろうという気になれました。

 

自宅にたどり着き、夕飯を済ませたら、本日のメインイベント。

皆既月食満月観察。

遠くの友達とツイッターコメント交換しながら、みるみる欠けていく姿に見入るひと時。

寒いんですけど、夢中で気にならない。

地球の影が意識できる現象がひたすら不思議です。

 

星の運行の知識が無かった頃の昔の人には、月食は怖かったでしょうかねぇ。

でも、しばらくするとまた輝き出しますから、再生に見えたかもしれませんよね。

今夜を節目に、新しいバージョンにアップデート(なんちゃって

冗談はさておき、2月はプライベートと事業の計画を立てる月。

今年は慣れにあぐらをかかない過ごし方を計画しようと思います。

 


0 コメント

更に過去記事を読んでみたい方は【こちら】