環便り(ブログ)

鯛が来た!

続きを読む 0 コメント

白いアマリリス

緑の手、ならぬ茶色い手のワタクシ。

枯らしかねないので要注意。

 

毎年、年が明けると、クロネコヤマトのドライバーは、何故かアマリリスの球根売りに変身します。毎年の事なので、毎年ひとつ購入しておりますが、今年は初めてまともに咲かせることができました。

 

 

(枯らしたのではなくて、上手な友達にプレゼント)


買った時は、温度調整して育てた球根なので、水やり1回して放置しとけば、室内ですぐ芽吹いて咲くと聞いていたのですが、芽吹かず。

 

3月になっても芽が出る気配もなく、もしかすると、水腐れしちゃったのかな?と心配しながら放置。

 

当店、店内にずっと居ると分かるのですが、土間コンクリート打ちっぱなしのテナントなので、寒いんです。エアコン稼働していない夜間はきっと寒いんです。

 

4月になって芽が出てきて、そこから伸びるの早いこと、早いこと。

すらりと伸びた茎の先、蕾は小さく見えていたのに、開いたらでっかいという不思議。

 

4つ蕾があって、一度に咲かずにズレて開いていくんですね。まずは対角に1日置きで開いてきました。花弁は薄く緑色を感じる白で、雄しべのカールがエレガント。

 

以前「世界で一番美しい花粉図鑑」を借りて以来、花の構造にも生物学的な理由があることを知り、よく観察するようになりました。

 

例えば、自家受粉しない植物は雌しべと雄しべの距離が遠い/雄しべと雌しべの成熟時期がずれる、など、観点を知ることで、見える情報が変わる事ってありますよね

 

この場合の「観点」とは、今のところの事実や基礎を指します。(時代で変わるものや新発見で変わる事もある)

 

観点が無いと、事実が分からないから事実に根拠を求められませんから、見聞きした時の印象や感情が優先されて、結果、判断を誤る事があります。

勉強する、知識を得る事は、本当に大事なことだなと、大人になってから勉強の価値が身に染みる、、、

加えて、新発見などで事実が変わることもありますから、自分が正しいと思っている事を疑って見る必要もあって、知識をアップデートすることも大切(そして、それがまたなかなか難しい、、、

 

ちなみに、そんな訳あるかい~と笑っちゃう「東スポ」「虚構新聞」的なものを楽しめる余裕も、そういう知識を持ってればこそ楽しめると思いますから、やっぱりお勉強って、人生を360度楽しむために、とことん大事だなと思うのです。

同じ事も時間を置いて見ると違う発見もあったりするから、繰り返し学習も意味あると思います

 

ということで、アマリリスの花をたっぷり生で観察した印象がはっきりしているうちに、

図書館再開したら、もう一度「世界で一番美しい花粉図鑑」を借りて、隅々まで眺め倒したいです。6月から図書館再開、楽しみです。

 

(図鑑は高くて手が出にくいので、図書館利用おすすめです)


0 コメント

自家製納豆

まだ発酵途中なんですが「納豆のようなもの」

 

ヨーグルトメーカーを買ってから、低温で長時間発酵させる〇〇作りに励んでおります。ヨーグルト、甘酒、水キムチ、簡単になりました。

そして、前から作ってみたかった『自家製納豆』

 

におってみると、まだ発酵が浅いかもな。

アンモニア臭もせず、でもちょっと納豆っぽいにおい。

 

市販の納豆を種菌にして今回作ってます。

色が濃いのが市販の納豆。

豆は納豆用の小粒大豆。

 

うちの父の子供の頃の話で、今でも思い出して笑っちゃうのが納豆の話。

 

家畜も飼ってた父の実家(農家)では、寒い季節は新聞紙に包んだ桶を、堆肥のために積んでおく馬糞の山に突っ込んで保温し、納豆作ったそうです。

 

馬糞は発酵熱が凄くて、冬でも湯気が立つほどだったとか。 で、頃合いを見て馬糞から掘り出して、蓋を開ける時に馬糞が混入しないようにドキドキする状態=黒ひげ危機一髪!

 

この話を聞くの楽しくて、私が大好きな父のネタのひとつ。

 

「美味しかった?」と聞けば、「作り方はアレだけど味は美味しかったよ」というから、馬糞と聞いても食べてみたかった自家製納豆。

 

高校の友達で、今はアメリカ在住の小児心臓外科やってる友達がいるのですが、彼が納豆を作っていたのを見て、あれ?もしかして簡単に出来るのかも?と思ったのがきっかけ。だって、凄い忙しい仕事+海外在住でも作れるというのは、もしかして、私にも出来るかもしれないなと思っていたんですよね。

今回ようやく着手。納豆マスターへ一歩前進。

 

そして、今度はちゃんと菌を買おう(笑
種菌にした納豆と、今回仕込んだ大豆と、歯ごたえ違っちゃいそうだもん。今後の改善点。

0 コメント

アベノマスク

続きを読む 0 コメント

自ら距離を取れ

5/1、店を休んで2ヶ月振りに問屋へ仕入れに出掛けました。画像はその時の池袋駅のホーム。びっくりするほど人がまばら。

 

東京で働く方、生活している方、皆さん緊急事態宣言に協力して頑張っておりますよね。

 

なんですけどね、のはずだったんですけどね。

 

GWが始まってからだと思いますが、練馬区役所からの使者かな?商店街を「他者と2m開けて」「買い物は一人で」「用事が済んだら帰りましょう」と練り歩き隊が昼下がりや夕方に歩行者に声変えして歩いて行くようになりました。

 

GWに入って気温上がったら、あれだけ減っていた歩行者が、倍以上に増えた体感。子連れが増えたし、大人同士が2人以上でウロウロも激増してますから、区役所が危ぶむの分かる気がします(ご苦労様

 

私は、自分の店からの定点観測者ですが、今回の件で、注意喚起しても自主性任せの『自由の国』だから、行動抑制する人より少ないけれどやらない人もいて『足並みが揃わないのが民主主義』だと思いました。

 

こう書くと、非難がましく聞こえるかもしれないけれど、そうじゃなくて、思い浮かべたのはパレートの法則。「売上げの8割は2割の社員に依存する」ってアレ。

 

意味的には完全応用は出来ませんが、10割同じ反応出来る社会って、今の日本では考えにくい、という事。

 

8割方自粛協力する中で、他の2割はそうでもない人がいたり、同じ人の一日でも2割は手抜き息抜きしたりするとか。そんな感じ。

 

集団、個人とも、100%ひとつに注力は、実生活上は不可能なんですよね(少なくとも私には無理、不可能

 

自分の2割は許せても、他人の2割は許せない人がやっぱりいるようで、SNSで「自粛警察」なんて言葉も目にするようになりました。

 

そういう方はきっと、ここ数日のGWの人出の増加を見て、気が狂いそうになっているとしたらお気の毒。

 

私、いい方法を知っているので、お伝えしますよ。

そういう嫌な人からは、『自ら距離を取れ』

 

自分が離れて歩くとか、道を変えるとか「他に取れる方法」があるなら、そっちを選択した方が、心安らかに過ごせますよ(おすすめです

 

他人の不要不急は、その本人のみが知ること。だから、複数人数で連れ立って、楽しそうに会話しながら、手をつないだり、密着しながら歩いているからといって、その笑顔の裏側で、超絶に切羽詰まっているかも知れないんですから(言い過ぎたか、、、笑

 

あんまり神経質になりませぬように。

自粛コロナハラスメントで自分を苦しめると損ですからね。

 

(でも、後一ヶ月延長に至った判断基準と、解除の基準を、そろそろ知りたいと思っているのも正直なところ)

0 コメント

世の中に無くてよい仕事は無い

新商品を仕入れて…ってバヤイでもないもので、今日はTwitterで上げた「本日のワタクシ」について

 

このところ、コロナであまり構わずでもっさり伸びておばちゃん感半端なかったんですが、やっぱり自分の人生の士気に関わるもので、今日は雨だし、人類滅亡だし(観察したら、10分で3人しか通りを歩いて無い)

 

市場通りの美容室FESTAでカットしてカラーリングして、スッキリかっこよくしてもらいました。サイド凄い刈ってもらって身軽になりました。

 

私の母も美容師。お金が無ければ伸ばし放題、死にやしないから、あっても無くてもいい商売と言われたらそうなんだけど、私にとってはちょっと特別なお仕事に分類されます。

 

私は母を始め、これまでお世話になった美容師さんに、自分をきれいにしてもらうことで人生を渡る自信もらい、自分をアゲて頑張ってこれたなと思います。

 

だから、安けりゃどこでも、なんて思えない。

 

個人商店もフリーランスも、大企業だって、お客様から、ここの〇〇が好き、ここの〇〇じゃなくちゃ、そこを目指して頑張ってきたはず。だから、いま自粛が大事な時期だし、出番が無くなって、じっと我慢しているところ。

 

非常事態で、これよりあれが重要と切り分けがちですが、どの仕事も「平時は必要」なんです。

 

医療や行政だけじゃない、飲食店に小売店、各種サービス業、音楽関係に…世の中にある数多のお仕事に助けられて、不安を解消してもらったり、楽しいや満足もらって、生きてこれた。

 

無くてもいい仕事なんて、世の中には無いのです(自分にも言い聞かせてます)どの仕事も尊いお役目。ありがとう、感謝します。

 

今でさえ不安で不自由で辛いなら、これが長引くと、もっと辛いことになりますから、雨の日の人出並みの自粛を目指して、みんなで頑張りましょう

 

気兼ねなく働き、自由に楽しめるように、早くなれなれ柿の種ってね(ん?8年フラグじゃないですよ 黒笑

0 コメント

中立でありたい

Twitterで連投した内容。

ん~…私も最近までイデオロギーは右か左か、

はっきりしとくといいと思っていたんだけど、

右も左も、雑音でしかないと思うようになりました。

 

どっちかに傾いて他方を見る気も聞く気も無いとしたら、

自己自立ではなく、新興宗教に引っ掛かってる

『依存』とおんなじじゃないかなと、

そう思うようになりました。

 

この人が言うから全部正しい、

そういう考え方はまずダメなのは誰しも分かるはず。

 

本人はそのつもりなくても、

右左言ってる時点でそのレベルにいる事になる気がしてます。

 

私は内容それぞれを見て、

内容自体が良いことなのか、

実効性があるのか、

実現性あるのか、

客観的に見て評価するのがいいかなと

 

良いなと思ったことも、これホントかな?と

自分で一次資料当たったり裏取りしてみないと。

 

公表されている情報だけでも、

賛成意見と反対意見とありますから、

ひとしきりどっちも見てからじゃないと、

公平な判断はつけられないと思うんですよね。

 

変だと思ったことだって、

実は表現型が悪いだけで面白い事/良い事を言ってたりするし、

様々興味ひかれたことはまず調べてみるようになりました。

 

私はイデオロギーを売りにする職業ではないから、

一般人だからこそ、イデオロギーにとらわれず、

中立でいることが自分を保つ事だと考えております。

 

私自身が、良い事を行い、悪い事も行う存在なもので、

人や物事は複雑系だから、一つの見方で片付く事はないし、

みんな私と一緒だなと思えば、

ひとりが一つの方向性だけで生きていくと考えることが

『不自然』に見えてしまったんですよね。

 

人生いろいろって言うじゃないの、そゆこと。

 

客観的に見れば、私は右寄りだと思いますが、

右と言われる人と意見あわない時もあるし、

左の方が言うことが良いと思えばめっちゃ賛同する。

そっちのが自由な発想出来ていいと思うんです。

 

一方向だけ見て、

その路線で考えないでいるの楽だけど、

楽が欲しい訳じゃないもん。
『より良い答えを見つけたいのだ』

 

私は私でいたいから、中立目指したい。

何ものにもとらわれず、

自由な発想で自分の人生を豊かにしていきたい。

 

余談ですが、イデオロギーや利害が邪魔になって、

この緊急時に協力できない与野党なら、

与野党まとめて絶滅・滅亡してしまえって思ってる(黒笑

***********

補足:

安倍だから許さないとか、

私にはイミフなキャッチフレーズにしか見えません。

 

本人はそこに何かを込めているつもりなんだろうけど

あなたの込めている「呪い」は、他人の私には分かりゃしません。

 

ちゃんと言いたい事の本質は何なのかを

説明してくれたら聞く耳が持てるのにと、残念でなりません。

 

問題は何か、『個別具体的』に考え方や内容について話し合うのは、

感情で物事をみる目が曇らないためにも、

冷静に話し合うためにも、必要なキーワードだと思います。

 

これが切り分けて考えられない人とは

上っ面は調子合わせてあげられても

本気で本音で話し合うところへは至れないとも思います。

 

あと、『愛国』これも私にとっては大事なキーワード。

私は家族や友達を愛しているし、今の暮らしを愛して愛着している。

同じことを国に対しても感じます。

愛国は、他国を排斥するのと意味が違います。

愛国できるから、他国も愛せる。

愛国を振り回して他国を排斥するなら、

それはエセか極右極左(暴力集団)ですから

それこそ排斥するべき対象と思います。

ああ、でもアベ政治を許さない的に、

私も共産主義はこの世からなくなれって思っているんだった、、、、(未熟者

 

***********

0 コメント

自粛休業に悩む

Twitterに連投した内容。

元々予定していたお休みで2連休目。
巷がこんな状態だから、休みに打合せも仕入れも一切止めて家で過ごす。

掃除に料理にYou Tube三昧。

1歩も家から出ずに飽きずにいられるどころか、

何ならこのまま働かずにいられたらいいのにと、

スキル「ナマケモノ」+「ニート」が発動。

 

私のニートスキルは結構レベル高

 

30代と40代で転職をした時、

それぞれ次の職が見つからず、

2年ずつ無職で引きこもり生活したことがあります。

 

自分は休職中のつもりだったけど、

傍から見たら、

「働けるのにバイトもせず、いつかやりがいある仕事見つかるはず、とか寒い人」
だったと思います。
貯金食い潰して貧乏生活でしたが、苦じゃなかった

 

貯めるだけ、がむしゃらに、

寝ないで働いた時期があったから、

嫌になって辞めてる訳で、

強烈に嫌だと思う条件がはっきりあったから

探し続けて、とうとう見つからず今自営業。

 

あのニート時間、

今になってこういう時の過ごし方の、

予習と訓練してたような気がします。

鬱っぽくなるどころか、ヒッキー楽しめてる

 

人生の経験は無駄がないっていうけど、

あれは過ぎ去って振り返る事ができた人「だけ」が言える言葉かも。

 

最中の本人は辛いもんだ。

例えば私は自分の事業がこの先も続けていけるのか

人並みに不安を抱えていて、休業要請出てない職種ですが、

休業した方が経営的にいいのか試算中→判定しきれず悩み中

 

国民として、

感染拡大を防ぐ大名義があるから

休業は正義と頭では理解していますが、

その間の何もかもを丸抱えで

誰かが補償してくれると思えず(宝くじ当たりたい)

すると強制力のない要請のうちなら、

少しでも日銭を稼ぐために営業稼働するべきか、

生活掛かってるし悩みが深まるのです(どよよん

 

そもそも、

うちが三密気にしなくちゃいけないほど、

混み合う、行列ができる、凄い人気店じゃない!

ゆえの悩みでもあります(ここ、笑うところ)

 

ちょっとぐらい何かあっても盤石な経営基盤欲しい。

 

人に刮目され熱望されるような人気店になってみたい、

と思ったところで、当店の取扱い商品て、

1点ものやロット数作れないもの+そんなお高く無いものばっかりで、

沢山売って沢山儲ける小売店のビジネスモデルに反してるから、破綻モデル系(黒笑

 

これから雑貨屋やろうと思う方、

くれぐれも当店の真似だけはおすすめ出来ません

(私のスキルに「金儲け」は無かったみたい

 

今日結論出し切れないなら

明日も営業しながら考えたらいいかな。

コロナ休業必要ならやる。

それだけのこと。

もっと淡々と考えてみよう。

0 コメント

美彩新作「唐子金太郎」

続きを読む 0 コメント

大人のやせ我慢

続きを読む 0 コメント

美彩新作「疫病神鎮め石」

美彩さんに、コロナをやっつけるイメージの何かを彫ってくれませんか?とメールしたところ、美彩さんも「コロナの撃滅、殲滅」を思い彫っていた最中だったようで、翌日に鎮め石が納品されました。

 

その時に、下敷きにした資料『泣不動縁起』を見せてくれました。

ざっくり訳すと、

病に掛かり瀕死の師を惜しみ、助けて欲しい弟子達。安倍晴明は「師の命をながらえるために、誰かの命を身代わりにする儀式なら出来るが、誰か命を差し出すものはいるか?」と問うと一人の弟子が申し出る。安倍晴明は不動尊を拝み、師を救う。命を差し出した弟子は、不動尊が救い、誰も死なずに済んだお話。

『誰も死なずに済んだ』という点がポイント高いですね。

まあ、当時の価値観もございましょうから、誰かの命と引き換えに救うというのが「普通」「当たり前」だったところを、捻じ曲げて変えてしまうほど不動明王の御力が素晴らしいという寓話なのでしょうか。


続きを読む 0 コメント

いつもの通りで

普段通りにと思っているのですが、どこかでコロナが気に掛かり、このところいつもの調子が出ませんでした。

 

コロナ不安や生活不安で埋め尽くされているSNSに、お商売のために商品紹介の投稿をしていると、どう映るだろうかと不安にもなります(不要不急な店だと自覚あり

 

それで、何だか頭も止まる、手も止まる、そんな3月でした。

 

文章が、言葉が浮かばないので、もう無意識が動きたくないと言ってるんだろう、と流れに任せた3月。

 

そんな話をF花さんにこぼしたところ、SNSが不安で殺伐としているからこそ、逆に「楽しい」「きれい」を見せてあげたら休まる人もいるでしょうと言われまして、

 

それに、なんやかんや、出来る事と言えば「いつもと同じことぐらい」しかないものです(苦笑)

0 コメント

エイプリルフールによせて

例年ならば、春の陽気に浮かれて、気分明るく迎えるエイプリルフール。今年はコロナのせいで、重苦しい空気。何だか、うかつにウソをついたら、デマと責められやしないかビクビク。つまり、私の気持ちも萎縮気味。


感染するかもしれない。
いつこの緊縮状態が終わるんだろうか。
自分では解決できない事柄ゆえに『考えても仕方なし!手洗い気をつけて普段通りで!』と過ごしてきたつもり。

つもりなんですが、心はちゃんと疲れていたようで、昨日と今日の休店日、どこへも出かける気になれず、家でひたすら眠っておりました。こういう眠気は鬱っぽさを薄めるための睡眠欲なので、嫌になるまで寝るのが私には吉。

時々目覚めて、エイプリルフールの楽しいウソは何がいいかなと思いながら、寝落ち。何一つ、気の利いたウソが思いつかないまま、4/1の夕方ナウ。


でもその代わり、今まで出会った『優しいウソ』の数々を思い出しては「ありがとう」と心の中で相手を思っておりました。今はもう道が違って会わなくなった方ばかり。


私の周りは善良な方が多くて、悪意のあるウソを疲れて煮えたぎる怒りを経験した記憶はありません。大概は、ストレートに伝えたら傷つけるので、遠回りな言い方にウソが混ざっていた感じ。

後で本当を知った時に、私は結局傷ついてしまうのですが、最中を過ぎて知ることになる方が多いので、衝動は薄まります。若い時は、そこに悲しさと怒りしか浮かばなかったけれど、調和を思って、優しさゆえにウソを混ぜたと分かるので、感謝できる。


そう言えば、大人になればなるほど、私は他人にウソをつかなくなりました。
若い時のウソは、自分の立場を悪くしたくないとか、自分を守りたいがためのウソが多かったな・・・

知っていても、知らないと言った方が良いと思えたら「知らない」と言う、そんな感じ。
別の誰かが「佐藤さんも知ってたはず」といつかバレ、互いの感情がこじれたりすれば『ウソは帳尻合わせが面倒』と痛感し、ウソが減って今に至る。

 

そして、今の私が日々垂れ流しているウソは、ウソというより『分かりやすいデタラメ』

イメージとしては『フーテンの寅さんが言いそうなレベル』を目指しております(笑

誰も不幸にならない(最高だ

 

そう言えば、当店の店頭でも、たまによその親子の優しいウソを見かける時があります。幼稚園ぐらいの子が多いんですが「これね、ママに凄く似合うと思うから」「これきっとパパが欲しいと思うからこれを買って帰ろうよ」手に持っているものは、本当は自分が興味を引かれているものなんですが、言い方!www

このセンス、すごい才能感じますよね。

子供って、天才だ(笑

明るくてデタラメな店を目指して、明日からまたお店番楽しもうと思います。

0 コメント

バフンウニのランプシェード

コロナの影響もあり、ご他聞に漏れず、当店も来店数が減っております。消費増税の影響もあるというのに、どうしましょう(苦笑

こんな調子なので、商品仕入れも鈍っておりまして、春の季節モノはうっかりするとすぐに過ぎ去って次へ次へと移るものですから、もう今年は桜ももう終わりみたいですし、どうしようかな…明日明後日の休店日で少し方針考えようかと思います。

 

本日の投稿は、そういう訳で、商品の紹介ではなく、このところ珍しくDIYしていた「ランプシェード」について。

 

台所の照明器具が故障しまして、真っ暗。最初の内は、買うまでのことだからと思っていたのに、また10年ぐらいはお世話になるだろうからと、時間掛けて気に入るものを探すも、予算が折り合わないものばっかりに目が向いてしまいます(身の丈大事

 

結局、検索疲れでどうでも良くなった頃に、近所の雑貨屋仲間のネバーランドで商品を見せてもらっていたら、古そうなランプシェードが出てきて、「こういうのよくあるのよね…個性強くないから何にでも合わせやすいけど、何かこう、茶色いの重たいかな…」と最初は乗り気ではなくて眺めていたんですね。

それが、途中で「バフンウニ」に似ていると認識した途端、バフンウニの外殻のきれいな標本を図鑑で眺めた記憶が蘇って来て、このランプシェードなら作れそうな気になり、購入。

 

心の中のバフンウニは、白っぽい色をしていたので、水性塗料でムラが出るように刷毛塗り。雑に塗るだけなので私にも簡単。

次に、表面に規則的に並ぶ凹凸の陰影を表現したくて、リボンを探しました。最初は、透けるようなオーガンジーリボンを使おうかと思っていたのですが、土台のシェードの素材と並べてみると、弱い。

それで、いろいろ探した結果、家に半反ほど残っていた「さらし」をリボン状に裂いて使ってみたら、あらいい感じ。端がケバケバするように、経糸をピンセットで抜く作業が心頭滅却で座禅効果。

 

出来上がったリボンは、ピンセットを使って、編み込みの隙間に挟み込んでいるだけで、固定はしていないので、ホコリが着いたら外して掃除も楽なはず。裏側から見ても目立たない★

 

日々来店客からコロナの話題を聞いている内に、三密と全く縁のない当店ですが、コロナ疲れしてきてます。

 

コロナから離れて生産的な創作活動。

おかげで少し気持ちが落ち着きました。

趣味と実益。今夜から、台所が華やぎます。良かった。


0 コメント

白澤 はくたく

美彩さんの新作はアマビエに引き続き『白澤(はくたく)』

 

以前も一度彫ってもらったことがあるのですが、あの時よりもおじさん顔。

 

言い伝えでは、中国の聖獣で、時の皇帝が徳の高い方だとどこからか現れて助言をしてくれる何でも知っている賢い聖獣。

 

日本では、厄除けや開運のご利益があるとされ、江戸時代にはハクタクを描いた図を身守りに持ったりしたとか。

 

コロナよコロナ、本当に、早く収まりますように。

 

※白澤をお迎えしたい方は【こちらからどうぞ
※売り切れちゃってる時はお題「白澤」で彫りますよ。お問合せフォームからメッセージ下さい。

0 コメント

アマビエ

『新型コロナウイルスよ、早く収まれ』と願いを込めて、九州は熊本の妖怪「アマビエ」を彫ってもらいました。

 

海彦(アマビコ)とも言われるそうですね。

 

言い伝えでは、海から現れ、内から光るように輝く姿で、疫病や豊作の予言をするとか。「疫病が流行る時、私の姿を描いた絵を見せろ」といい置いて海に消えたとかで、

 

最近SNS上で皆が描いたアマビエがたくさん見られました。

 

それを見た美彩さんもちょっとモチーフとして面白いなと思っていたようなので、彫ってもらいました。

 

アヒル口のロングヘアー、目元も★入ってて、緩くて可愛いじゃありませんか。見れば見るほど「力が抜ける」緊張ややる気をごっそり削ぎ落とす勢い、さすがです。

 

コロナウイルスも削がれて本気出せなくなってしまえ(黒笑

 

本当に、早く収まりますように。

※アマビエをお迎えしたい方は【こちらからどうぞ
※売り切れちゃってる時はお題「アマビエ」で彫りますよ。お問合せフォームからメッセージ下さい。

0 コメント

長引く痛みの原因は、血管が9割

日によって、右腕が肩より上に上がらない、痛む時があります。これが世に言う「五十肩」かなと思って、静かに落ち込みました。

 

死ぬまで付き合う痛みになるのだろうかと思ったら、酷い時には自分で手当て出来るイメージの何かがあればいいなと検索して見つけたこちら、奥野祐次著「長引く痛みの原因は、血管が9割」

 

著者はがん治療が専門で、カテーテル治療のプロフェッショナル。動脈を通して、患部の近くへカテーテルというチューブを挿入し、そこから患部めがけて抗がん剤を投与。少ない薬剤で効果を上げる治療をしてきた方。

治療の鍵が血管となる分野なので、血管周りの異常に気付き、大学院に入り研究した結果、分かったことを分かりやすく書いている本。

炎症部位に異常な血管、細かくて数も多いモヤモヤした蜘蛛の巣状の血管が出来る→炎症細胞への栄養の供給源になってしまう→その血管に並走するように神経が出来る→血流で神経線維が刺激され痛む→モヤモヤ血管のせいで血流が不足し低酸素になる部位が出来る→不具合、痛みが取れないで継続。健康だと出来るべくもないところにも、モヤモヤ血管は出来る→神経線維が走る→血流で痛む、こともあるそうです。

事例を画像とともに紹介しているので、見えない体内でこんな風な変化が起こっていたんだなと分かるだけでも相当面白い内容。

レントゲンやMRIでは血管や血流は写せないので、五十肩や膝痛で整形外科で検査しても分からない事が多い→治療が効かず、痛みが長引く→〇〇さん、お年頃だし、完治はしないですよ、なんて言われてこちらも納得、というあるあるサイクルが浮かびました。

 

モヤモヤ血管は、40代50代で急増傾向にあるそうで、四十肩、五十肩の名称は伊達ではなかったようです!

 

若い頃からの体の使い方からくる、姿勢の悪さや負担が積み重なり、それが吹き出してくるのが40代50代。段々と、体の修復が衰えて来る時期ということなのでしょうか。

無理がきかないと自覚して、いっそう自分の体を労りながら酷使していかないとな、個人商店(笑

モヤモヤ血管があるところは、圧痛がするので、自分でも触って確認が出来るものもあるとか。体の部位ごとに、事例紹介があり、これはとても参考になりました。私が過去に経験した長引く痛みの部位にいくつか合致している事例もあり、今はきれいサッパリ収まっているので、当時の痛みの原因は、もしかするとモヤモヤ血管だったのかもなと思っております。

 

(この場合、もう痛みは無い→納得できると心が安心するので、ほんとじゃなくてもいいの、いいの)

 

一番の改善策は、体の使い方、歪んだり負担をかける使い方を改善すること(中々これが出来てないから痛む人は多い

減量、運動、ストレッチなど当たり前の事が挙げられていて、確かにそうだよなと思ったし、著者が普通の人なら出来ることで提案してくれているのも感じ取れ、良書だなと思いました。

 

あと、脳が痛みを装飾するという話題が興味深かったです。

気は心というか、治ると思えない人は治らない、みたいな。

 

『用手圧迫』でモヤモヤ血管が消える事があるという話題→知らず肩が凝れば指圧している人が多いと思いますが、体のサインに従って自分で治そうと動いたと解釈もできます。

自分で日常手当をしながら健康に生きたい方なら、この本は一読の価値ありだと思いました。

0 コメント

人生の修行

※昨日ブロクのリライト的な内容です。FBで投稿したもの。

----------------------
今回の新型コロナウィルスで、私がしている人生の修行について。

 

SNS。東日本大震災など災害時の経験から、私も、誰もが良かれと思うから投稿や拡散協力する事を覚えました。

 

知っていることを共有することで、救われる誰かがいるかも知れない→善意がベースと思っています(私はそうだった

 

誰が発信しているか分からないが「なるほど」と感じた=「自分が知らないから評価出来ない情報」を感覚的に信じた。安心するネタも、不安が増す絶望的なネタも、「信じたくて信じていた」と思います。

 

落ち着いてから振り返ると、私が信じた情報には、デマも多かった→後になって分かった事実からしか評価できない事柄もあったので、その時は信じても仕方なかったと自分では思っている。

 

仕事上いろんなSNSを使っていますが、どちら様も、不安と批判と非難と不満が噴出。お客様からも、新型コロナウィルスの話題で、不安や不満、政権批判を聞かされる日々(分かる。その気持ち凄く分かるよ・・・

 

でも、それを見聞きすると、共感できる内容があったとしても、何かを削られたように疲れるようになりました(東日本大震災の時、それが嵩じてテレビ捨てて以来、うちにテレビは無い

 

寝落ち間際、

私は、サラリーマン時代のトラブル発生現場で、関係者全員の奮闘ぶりを思い出しては、「現場はみんな自分の専門性を発揮して、頑張ってるはずだよね(そう信じたい」

 

素人が思いつくことは、少なくとも現場の誰かは思いついているし、そうしない出来ない訳があったな(私のサラリーマン時代のトラブル現場ではそうだった

 

「外野が騒いで何かが解決した経験もないやな」と思いました。外野は経緯や現状の情報ディテールが足りないし、責任無いから何でも言える(私のサラリーマン時代のトラブル現場ではそうだった

 

私の神様は、東日本大震災の時は「見知らぬ他者と繋がる喜び」「誰かの気持ちに寄り添う温かさ」を知る機会をくれたと思います。

 

今回は、「誰かの渦に巻き込まれない”距離感を保つ”」そして、「”提案無き”批判や非難は胸の内にしまう我慢」の機会をくれている気がします。

 

私の人生に必要な修行。

0 コメント

新型コロナウィルス

 

私はテレビは持っておりませんし、新聞もとっておりませんから、Webで情報を拾っております。その中で、自分のTwitterのタイムラインを眺めていると、皆さんの気持ちが随分と荒れている印象。眺めていると苦しくなるので、最近は見るのが億劫になってきました。

何だか東日本大震災の頃を思い出してしまうのです。
目に見えない放射能や被爆への不安に、どう対応してよいか分からず、多方面から時々刻々と出る情報の量に圧倒され、読めども読めども何が正しいのか分からず、疲れ果てたのを思い出します。

お客様とのやり取りの中でも、新型コロナウィルスの話題が増えました。

 

あるお客様は、家族や友人の身を案じて不安で仕方ないと繰り返します。

 

あるお客様は、テレビの新型コロナウィルスの放送っぷりが気に入らないとお怒り。「みんな重大事と分かっているのだから、必要以上に煽るな」「コメンテーターは専門家じゃなのに、勝手な感想を公共電波で流すな、事実が何か見えなくなる」「繰り返し流れる画面を見ていると気分が悪くなる」

あるお客様は、入国制限はじめ、現政権が何もかも後手で、この先どうなることやらとぼやく、こぼす。私から見ても、スピード感に欠け、何が起こっているのか分かりにくく感じておりましたから、幅広い方達から政権批判されても当然のような気がしております。

 

余談ですが、不安や不満を吐露するお客様も、それを聞く私も、楽しい話題ではないから何だか話が終わってもスッキリすることはないし、私個人は凄く削られた気分で、へとへとです(苦笑

 

私は、早く収束したらいいなと思うし、今は世界からバッシングされておりますが、終わって見たら、日本が一番人的被害が軽くて済んだとなればいいなと思うし、下手に騒いで人に不安をうつしても仕方ないから、今は自分の気持ちを胸に収めて、神様に祈るしか出来ません。歯痒いけれど、そういうこと。


東日本大震災の時より、他者との分離感が強くて、嫌な感じ。

この後、更に景気が悪くなると容易に予想され、経済的な落ち込みは人々の心をもっと冷やしてしまいそう。

何とも暗い気分になります。


私は自分がそうだったから、現場の方はそれぞれ頑張っていると信じています。トラブル発生現場では、時間の制限もあるし、関係者の間では物凄いスピードで可能性を検索したり、白熱した議論もあるはずです。見えないだけ。そう信じています。

 

私の生活の中で、周りにいる方はみんな健康ですし、雑談すればぼやきも出ますが、つまらないことで笑い合ってます。『それでも生きていかなきゃいけないし』というのが本音だとしても、笑顔が出ているうちは希望を持てるので、営業は続けるつもりでおります。

 

飲食店で、自主休業はじめたところが練馬区でもあると聞き及んでおります。

うちは体力無い小規模事業ですから、休業は廃業へまっしぐらかもしれませんから、とても怖いです。

2月は例年売上げが少ない月なのでよしとしても、3月に入ったら「あの時はヤバいと思っていたけれど、案外早く収まったね」と笑い合いたいものです(私の神様、ぜひお願いします

 

 

------------------
コロナより 早くも花粉 しんど過ぎ(お粗末(暖冬でもう花粉飛んでますよ

0 コメント

1月も終わり

お商売のために、いろんなSNSをやっております。

私は文字を書くのは苦ではないので、どれもほどほど楽しんでいますから、今まで続けて来られたのかなと思います。

 

デジタルなSNSの他に、A4コピー用紙を使った月間所感メモをこの4年ほど書いております。その時一番強く残っている感情を書き留めるメモ程度。3~5行、細かい字で書きなぐりメモ。

 

当店は元日営業しながら棚卸ししているのですが、その時に紙面を12分割線を引いて用意しています。

 

開業当初は365日手帳を使っていたので、各ページに書き留めていたのですが、一覧することが出来ないと、読み返しても流れとして捉えにくいなと気付きました。

 

続きを読む 0 コメント