環の看板商品、たわし孫の手は【こちら


【津軽塗 木村正人】まるで本物のような枯葉のお皿

NHK-BS番組「イッピン~これって本当に漆器?~青森・津軽塗」に登場した、津軽塗の塗師・木村正人さん。番組で紹介された、まるで本物の葉っぱのような、秋色のお皿。→詳しくは【こちら


【林たけお】大人のペーパークラフト~白うさぎの郷愁

 

秋はお月見など、夜にまつわるイベントが増えて来る季節。そして、肌寒さから人恋しさも感じる季節。白兎は来年の干支・酉の向かい干支で、あなたに無いものを引き寄せてくれるとか。幸せを呼ぶラッキーアイテム

→詳しくは【
こちら

【秋のお菓子】あきゆらら

香ばしいモナカの中に、干菓子と州浜の秋の風物詩を閉じ込めた玉手箱のようなお菓子。

→詳しくは【こちら】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あやし、あやかし、狐面

和のモチーフのお面「狐面」

いつものごとく、1枚の紙から立体を作り出す構成力の素晴らしさ。→詳しくは【こちら



【zoczoc】伝統工芸+モードな小物

西陣織や村山大島紬。

着物文化にまつわる工芸品の中には、安価に買えないものが多々あります。買えるとしても、そのままの用途では、今のライフスタイルに取り入れにくいものも、ままあります。

zoczocは、そんな工芸品が廃れないようにと、伝統工芸品と職人の仕事を、より多くの方に広める活動をしているブランド。

日本伝統企画の事業は経済産業省中小企業庁による補助金事業として認可されています。

 

中の人は若い女性。みずみずしく、伸びやかな、若い女性の感性を活かした商品企画が売りで、材料や製作は、その道の職人さんが担当しております。どれも1点もの。→詳しくは【こちら】


【がらす工芸札幌】

ガラスペン、こだわり派の自慢アイテム

ガラスペンは日本発祥の筆記用具。日本の風鈴職人が明治の頃にペン先を作ったのが始まりなんですって。滑らかで、筆圧をかけずに流れるように書ける書き味が魅力です。そして、目にも美しい、宝石のような硬質ガラスの透明感。キラキラです。→詳しくは【こちら

ガラスアクセサリー

ガラスペンを作っている「がらす工芸札幌」のガラスのアクセサリーもございます。こちらは工房の女性陣のセンスがキラリです。

 

→【指輪

→【ネックレス

【イアリング・ピアス】



【クナプラス】土に還るモード系エコバッグ

とうもろこしのデンプン質由来の「ポリ乳酸繊維」を使用。土に埋めると、バクテリアが分解してしまうそうです。燃やしてもダイオキシン無し、炭酸ガスと水になる素敵素材。

 

デザインのアクセントになっているプリーツが優れもの。中身の大きさに合わせて、伸び縮みするので、常に見た感じスッキリ。丈夫で力持ちな生地なのでたくさん入れて持ち運べます。

大はスーパーのカゴ1つ分入るほどの大容量。

リュックのように背負えます。小は2Lのペットボトルが4本楽に入る大きさ。

→詳しくは【こちら


【スマホの着物~kire】

若い子が持っているようなスマホケースが、何だかしっくり来ない方へ。kireのスマホケースは着物地を使ったり、畳縁を使ったり、和の布が持つ上品さを活かして、1つずつ手作りしております。→在庫商品は【こちら

【風祭美彩の木彫】

美彩さんの新作は「秋の物思い」哲学的な顔つきの鶏と目を合わせていると、ロダンの考える人を想起するような物思いが透けて見える気がします。→スライドショーは【こちら】



【大好きな漆】普段使いの漆のうつわ

●木村漆工房/木村正人

津軽塗の塗師、五代目木村正人さんに塗ってもらっている唐塗のうつわ。

お椀   →お皿   →飲むうつわ

●阪本修

坂本修の漆の器 Urushi no Irodori

若手漆作家・阪本さんの洋によく馴染むうつわ。木目を感じる木のうつわ。※ブログでもご紹介中

飲むうつわ  →小皿


●TOMATO畑

薬剤を使わず作る安心安全なうつわがTOMATO畑のポリシー。徹底したこだわりから生み出されるうつわは、だけど廉価。凄いメーカーさん。
お椀  →お皿  →カトラリー

 

●御蒔絵やまぐち/山口朋子

会津で修行後、我らが練馬区大泉学園で創作活動している若手女性蒔絵師。若い女性が手に取りたくなるようなうつわを目指しているそうです。
お椀



【暮らしの定番】

●KONOITOの、綿本来の心地よさを追求したタオル

KONOITOのタオル

ちょっと気合いれて、きちんと専用の説明ページなどなど、作りましたのでご覧下さい。タオルなんてありふれたものでしょうが、何かが違うのです。そこをお伝え出来ていればいいなと思います。
→KONOITOのタオル【通販はこちら】

→KONOITOのモノづくりの【ご紹介はこちら
→布ナプキンの使い方は【こちら

 

●毎日美味しい紅茶

毎日飲みたくなる飽きの来ない美味しい紅茶。吉祥寺のSato's Tea→詳しくは【こちら

●安心の無添加石鹸

植物性油を原料とした、無添加石鹸。

→環の定番石鹸、詳しくは【こちら

 

 

 

●日本一美味しい海苔

漁師・古賀さんの日本一美味しい海苔。海苔は美容食。姿は地味でもリピーターが多い名品。

→詳しくは【こちら

 

 

 



猫、ねこ、ネコ。猫が好き。ネコスキー。

●九谷焼~眠り猫、招き猫

大好きな九谷焼の盛絵付けの猫を集めました。黒いハチワレちゃんが人気です。
→九谷の猫達は【こちら

●錫の小さな小さな猫達

店主、実家は猫派で、小さい頃から猫と暮らし、折々に猫に癒され育ちました。あの子達を思い出すしぐさの数々。にゃーーん!可愛いです!

 

箸置きとして作られたそうですが、手元で愛でるミニチュアとしてどうぞ。錫製。


→この子たちをお迎えするなら【こちら



【インテリア】アクセントに、演出に、模様替えに

●注染てぬぐいでタペストリー

そろそろハロウィン。通販にはアップしておりませんが、今店頭にある在庫柄を知りたい方は、お問合せフォームからご連絡下さいませ。


※簡単にタペストリーにする方法【こちら

●竹のリングカーテン

便利なことに、ハサミで切れます。吊り下げたいところに下げてから、調度いい長さに切って下さい。簡易間仕切りとしてご使用下さい。

 →通販は【こちら


●手ぬぐい照明~語ら灯~

語ら灯は、手ぬぐいを簡単に着せ替えられるランプシェードが特徴。一気に雰囲気が変わります。お手持ちの手ぬぐいで、手軽に気軽に模様替え。

→詳しくは【こちら

●花びらのようなコハルライト

コハルライト

花びらのようなシェードは、構造特許を取得している、日本の素敵なモノ作り。

 

→詳しくは【こちら



【癒しのひと時】音と香り

●音の癒し:銀のおりん

高岡銅器の名品。花のかたちの小さなおりん。

澄んだ音色を聞いていると、気持ちが落ち着き心が鎮まる気がいたします。
→詳しくは【こちら

●松栄堂の香りの癒し:芳香器ふうか

 

火を使わず香りを楽しめる「ふうか」電池式で熱を発しません。火をつけること=火災が気になる方におすすめです。

→詳しくは【こちら



【お湯が美味しい鉄瓶】高橋大益さんの鉄瓶

鉄瓶は予約順にお引き渡ししております。現在来年2月まで予約が埋まっています。

鉄瓶

高橋大益さんの鉄瓶3種。モダンで軽くて取り回ししやすい鉄瓶で、IHにも対応しております。鉄瓶で沸かしたお湯は、カルキ臭さが抜けて、柔らかくまろやかな味になります。鉄分補給も出来ますが、何より美味しいのが一番ですよね。


※この商品の通販はこちら 


【貸し出します】レンタルで気軽に体験

●おひつ3合用

おひつ

体験しないと、良さも楽しさも分からないのが工芸品であり、道具である、と思いまして、生活の必需品を貸し出す企画の第1弾!

 


※詳細はブログ記事参照

●ごはん鍋3合用

体験しないと、良さも楽しさも分からないのが工芸品であり、道具である、と思いまして、生活の必需品を貸し出す企画の第2弾!

 

 

※詳細はブログ記事参照



古物商許可:佐藤多喜子 第305571208387号(東京都公安委員会)