裂き織り

店主の生まれは青森県。江戸時代に、津軽のお殿様は「庶民は麻を着ること」と質素倹約を申し伝えたそうです。当時は植物から取る麻のような繊維以外、他藩から仕入れないとモノが無かったし、高価でもあったろうし、社会情勢的に仕方なかったと聞いております。

でも、青森辺りで寒い冬に麻だけでは、生死に関わります。
木綿糸が農民でも手に入るようになった江戸中期、布に刺繍する「こぎん刺し」が生まれたんだとか。

「弘前こぎん研究所」で見せていただいた古い着物は、全体にびっしりと細かく刺されていて、肩当ての部分は古い布を当てて厚みをつけていたり、刺し子の模様も家や地方によって個性があったそうで、装飾も兼ねた美しさでした。

 

余談ですが、当時の娘さんは、お嫁に行くまでに、前見頃の胸元辺り、一番ひと目につくところの布分を、自分の分と将来結婚する旦那様の分と、お舅さん、お姑さんの4人分を作っておくのが嫁入り準備だったそうです。針仕事の上手さが、女性としての労働価値だった時代のお話。

さて、本題の裂き織り。
これも江戸中期に起こったものだそうです。

こちらは、都会の人達が着古した古着が東北に入って来るようになり、擦り切れたら継ぎを当て、着物に向かなくなれば、炬燵布団にしたり形を変え、いよいよボロになってきたら、裂いて細い紐状にして機織ることで、また1枚の布に姿を変え…それを裂き織りと呼んだとか。

何しろモノが無いから、形が残っている間は工夫して使い続ける。
そんな庶民の努力が裂き織りを作ったのでしょうね。

普通に暮らすことが雪の降る地方では楽ではないから、

必然も後押しして、手芸が発達。必要は発明の母、です。

ところで、今時の裂き織りは、綿以外の素材も使いますし多様。

もったいないから使い切る工夫から脱却して、ファッション性の高い織物になったように思います。


お気に入りが、見つかりますように。