内子のじゃばら(皮のドライフルーツ)

冬になったら取り扱い再会します。花粉の季節の期間限定取扱いです。

鮮烈な良い香り、大人味の苦味が美味しい【地方のいいもの】をご紹介。


皆さんは「じゃばら」という名前を聞いたことがありますでしょうか?姿はゆずのような色形、黄色い柑橘類。名前の由来は「邪を祓う」といういわれから。何とも縁起の良い果物です。

 

和歌山県の北山村が原産地ですが、柑橘王国・愛媛県でも絶賛栽培中。その愛媛の中でも、歴史を感じるたたずまいの芝居小屋「内子座」のある内子町で、葉たばこに代わる基幹産物として、じゃばらは育てられております。

 

ゆずよりも、強い芳香を感じます。
また、酸味の後に追いかけてくるような苦味が特徴で、何とも言えない大人の味。

 

 

この爽やかで鮮烈な風味に加え、「じゃばら」には、ナリルチン(フラボノイドの一種)の含有量が多い

という特徴があり、これが「I型アレルギー」の抑制に効果があるという実験結果があるとか。

ナリルチン。
正直初耳で「何だそれ状態」

資料を読んでいたら「アトピー」も「I型アレルギー」に分類されると見つけ、店主、目が釘付けです。わたくし、アトピー持ち。普段は気付かれないほど症状は軽くなりましたが、疲れると悪化して苦しんでおります。俄然気になり、検索。

岐阜大学での実験。
じゃばら果汁を朝晩5mlを2~4週間飲んだ結果を、感応評価してもらうというのがありまして、改善がみられたという記事がこちら

食べ物の摂取で軽減されるとしたら、

薬の副作用も気にせずに良いし(例えばステロイド)
体に安全で喜ばしいではありませんか。

凄いぞ、ナリルチン。

(成分名をこの辺りで暗記、本心感心すると覚えますね 笑)

と、ここまでは文字で追いかける基本情報なので、味が気になるところですが、じゃばらの苦味は、大人の舌なら美味しいと感じる苦味。なかなかいけます。

 

「じゃばらピール」、実は初日完売。
試食してもらう方が次々と手にして完売でした。
そのぐらい、江古田の女性達には大好評。

 

 

※内子町の取り組みをブログでご紹介しております【こちら


愛媛県内子町のじゃばら~ピール菓子

内容量30g 内子のじゃばら、グラニュー糖、還元水飴、ビタミンC

試食させると子どもは大概「まずい」といいますが、大人は大概「鼻に抜ける風味が何とも言えない強さがあって、苦味がまたいいわね」と好評です。柑橘系の苦味でも、じゃばらの苦味は風味が独特で、何に似ていると言い難いので、まずは食べてみて下さい。単品なら普通郵便でお送りいたします。

¥324

  • 在庫切れ

愛媛県内子町のじゃばら~100%果汁

内容量90g 内子のじゃばら

花粉症など炎症抑制効果が期待されるナリルチンを取るなら100%果汁。鍋物の薬味として、焼き魚、ドレッシング、フレッシュジュースに混ぜて、何にでも混ぜてみて下さい。すし酢代わりに使うと爽やかだったとお客様からのご報告あり。

¥648

  • 在庫切れ