九谷焼の盛絵付けのお飾り~ふくろう

実物の鳥は見たことがないけれど、ふくろうが好きとおっしゃる方が多くて、猫やうさぎは見たい触りたい生き物で、触ったことがある方が多いのに比べ、ふくろうは空想の生き物に近い存在感みたいです。

 

神様のお使いとか、森の妖精とか、いいことを運んでくれそうな幸せ系の神秘的なイメージを持っている方が多いなと、最近気が付きました。

 

この粒々した絵付けは盛絵付けと呼びます。クリームの絞り出しのような描き方をします。握力もいるお仕事。職人さんが高齢化しているので、握力が落ちてきてしんどくなってきた…という話も聞きます。

 

体を使って作る手工業は、身体能力が衰えるとダメになる部分が含まれているなんて、スポーツ選手のような一面もあるのだなと思いました。

 

(年を経るたび良くなるものもある訳で、そのバランスのいいところというのも、職人仕事の魅力でもあるのかなと思います)

 

話戻ってふくろう。

 

結婚式のお祝いに、白とピンクを組み合わせて紅白で贈る方もいらっしゃいます。

うちは、バラ売りもしておりますから、そんな贈り方もご検討下さいね。


ふくろう(ピンク)

H75mm、九谷焼のふくろうの置物です。「福朗」「不苦労」、縁起物。左右別売り。※手描きですから、個体差が出ますので、そこはご了承下さい。

¥6,480

  • お届け日数:5~8日1

ふくろう(白)

H75mm、九谷焼のふくろうの置物です。「福朗」「不苦労」、縁起物。左右別売り。※手描きですから、個体差が出ますので、そこはご了承下さい。

¥6,480

  • お届け日数:5~8日1

※お店でも販売しているので、タイミングが悪いと在庫がなくなる場合があります。

 注文前の在庫確認は、お気軽にどうぞ。


※希望数が入力できない場合は、お問い合わせフォームからメールを下さい。

 後ほどご連絡させていただきます。