断面三角に爪楊枝

【世界標準の爪楊枝のかたち/断面三角のつまようじ】

環のような雑貨屋を販売ルートに想定していないのでこんなパッケージなのですが、この商品には日本らしいモノ作りの物語があるのです。

 

日本の爪楊枝は断面が丸い形状です。これは本来歯の隙間の形状に合わないので歯間そうじ用としては適しておりません。食べものを挿してつまむための爪楊枝が日本では歯間そうじ用として使われてきました。

 

安い中国製が世界を席巻するようになり、日本の爪楊枝業界は一気に衰退。その時に、広栄社は世界で歯間そうじ用として一般的な断面が三角の爪楊枝の製造にシフトすることにしたのです。

 

日本国内では一般的ではありませんが、断面が三角形の爪楊枝は世界では当たり前だとか。広栄社さんの作る爪楊枝は「made in Japan」『信頼出来るモノ作りをしている国の良品』というブランドイメージを獲得し、後発品でありながら世界の9大メーカーに名を連ねるようになりました。

 

プロジェクトXさながらのお話に店主はただただ感心。

 

広栄社さんしか作っていない形状の爪楊枝もあるそうです。(軸の断面は丸なのですが、先端が三角になっているもの、「歯間ようじ」という名称です)

 

店主も、使ってみて驚きの使い心地でした。挟まったものがスルッととれる、歯の隙間に最初から折らずともピタリとはまる。使い易さは本当です。